リロケーションとは?

 

リロケーションとは転勤や出張などで、長期間家を留守にする場合、その留守宅を賃貸することで、資産を生み出すことを言います。 かつて、一部の企業が転勤ごとにその社員の自宅を借り上げ、他の社員に貸し出すシステムを使用していたことがありましたが、あくまでそれは社内の人事異動等に活用されるだけで、この留守宅が一般の市場に流通することはありませんでした。資産運用としてのレベルも低く、あくまで社内のお得なシステムの範疇を出てかなかったのが現実です。

その後、リロケーション事業に乗り出そうとした企業もありましたが、なかなか浸透せず、長い間留守宅はうまく運用されることがない状態でした。 この現状を変えたのは、1992年の借地借家法の改定です。期限付きの借家権が認定されるようになったのです。また、さらに2000年には定期借家権が導入されました。この制度によって、転勤や出張の長期外出で、留守宅を貸し出すことが出来るようになったのです。

現在では、不動産会社の一部門として独立した地位をもっているだけではなく、リロケーションの専門業者も多数登場するまでに、市場が開けてきました。期限つきで安く留守宅を借りたいという人も増え、このシステムで留守宅を貸し出し、少しでも収入を得たいと思う人も増えてきたのです。ニーズが高まり、それに合わせて、細やかなサービスを徹底する企業が増えたため、盛り上がっているのです。 当サイトでは、リロケーションのサービス内容について、詳しく紹介します。

~PICKUP~
リロケーション業者に対して無料で家賃査定を依頼できるサイトです・・・リロケーション業者

 

Copyright © 2014 リロケーションって何だろう? All Rights Reserved.